FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン美術館展に行ってきた

明治時代、海外に流出した日本絵画の一斉帰国です。当時は西欧文化が持て囃され、廃仏毀釈、寺は生き残るために財を売るが日本絵画は見向きもされなかったとか。
まあ歴史の話は置いといて実際の展示内容ですが、流石ボストン美術館史上最大規模と言われるだけあって、展示物の量も質も高く非常に見応えがありました。
見物の二大絵巻の生き生きと描かれた絵や、歴史を重ねた仏画の威容に接していると徐々にテンションが上がってきて、「ああ人間は本当に絵を描くのが好きで絵を見るのが好きなんだな、日本人の手先は器用だな」とただただ感動。細かく描きすぎでしょう。凄い。
そして最奥の展示室一面に飾られた曽我蕭白の雲龍図の迫力でまた感動しました。思っていたより大きい。何なんでしょうねあの力強さは。絵画や、現在第一線で活躍されている方の漫画絵やイラストもそうなんですが、見ると圧倒されるというか…言葉では表せないものを感じます。

観客は殆どが御老人でしたが、中には若いカップルや中学生らしき女の子も混じってました。特に中学生は小さなクロッキー帳に線を走らせていて…その手があったか、と。

まだ期間が残っているので、もう一度くらいは行きたいですね。クロッキー帳を持って。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

A兵◆hLvZOljvOJ76

Author:A兵◆hLvZOljvOJ76
絵描き。漫画を一本投稿したい。あと転職したい。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。